オメプラゾール10mg(胃潰瘍,逆流性食道炎)

オメプラゾール10mg

オメプラゾール10mg胃潰瘍

オメプラゾールは、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いられる胃酸の分泌をおさえる薬です。

海外では、プリロセック(Prilosec)やロセック(Losec)という商品名で販売されているお薬です。



オメプラゾールは、腸管に吸収された後に分泌細管に入ることによりプロトンと結合しスルホンアミド体に変換されます。変換されたスルホンアミド体はプロトンポンプのシステイン(活性部位)との結合によってプロトンポンプ駆動酵素であるH+/K+-ATPaseの作用を阻害し胃酸の量をコントロールします。胃腸障害、胸やけ、消化性潰瘍など効果が期待できます。



★オメプラゾール(OMEZ)の服用方法:

通常、成人男性は、1日1回20mgを水と一緒に服用 します。また、個人の症状によって10mg〜40mgと異なります。



詳細は↓↓↓

>>>オメプラゾール10mg